イオンソフナー詳細 -外観と大きさ-

Pocket

軟水にご興味のある方でも、イオンソフナーがどんな製品なのかイメージがつかみにくいと思います。
そこで、生粋事務所に設置してあるイオンソフナーを例に、その詳細をご紹介します。

生粋事務所のイオンソフナーは、水道水用では家庭用として、最も一般的な「ウォーターボス700K」です。

外観、使用方法などはウォーターボスシリーズの他のモデルとほぼ共通ですので、参考にしてください。

■外観・大きさ
ウォーターボス700Kの大きさは
幅37.5㎝ 奥行48㎝ 高さ65㎝ です。

比較のために全自動洗濯機を横に置いてみました。洗濯機よりふたまわりほど小さく、45リットルのゴミ箱程度の大きさです。

ウォーターボス700Kはコンパクトなので、このように壁掛け式ボイラー下のスペースにすっきり収まります。

イオンソフナーは、井戸ならば汲み上げポンプの直後、水道ならばこのように止水栓の直後に取り付けるのが一般的です。これにより、生活水すべてが軟水になるのです。
なお、画像に写っている蛇口は、イオンソフナーで処理後の軟水と比較するための水道原水を汲む専用蛇口で、一般には必要ありませんが、井戸水の場合は、原水の状況が変化することもありますので、定期的に水質を見るために、こういった蛇口を設置した方が良い場合もあります。設置業者様にご相談ください。

NEXT>イオンソフナー詳細 -配管と内部の様子-

イオンソフナー各製品についてはこちらをクリック!